生産技術・生産開発(TECHNOLOGY)人の手に一切触れずに、ストローを創る・・・ 品質や安心のために。

「安心」と「健やか」の技。

CSR、ECOに対応した商品開発や生産体制に

食品に携わる部材メーカーとして、消費者が安心して使用できる製品作りは、私たちの大きな命題の一つです。安全面に配慮した商品形状・仕組みはもとより、人と環境にもやさしい製品づくりに取り組んでいます。

CO2削減 − バイオマス素材(トウモロコシ、サトウキビ)を使用した商品の開発

私たちがエコロジー対策のエースとして 開発・普及に力を入れているのが植物由来の製品です。

現在、トウモロコシ(ポリ乳酸)、サトウキビなどを原材料としたストローの開発を行っております。 これらは、原料の植物が成長過程で二酸化炭素を吸収するため、地球温暖化防止に貢献します。

安心技術

食品に関係する製品を扱う私たちにとって、一番に心がけているのは、ご利用者の安全です。特にストローは小さいお子様も使うものですから、その安全性には、非常に心を配っています。

唇にやさしい丸みを帯びた吸い口(R形状)

先端部の、鋭くても安全な形状で、ジュースなどのストロー穴を簡単に開けることができます。

工場での環境対策

私たちは、2008年にISO14001の認証を取得し、地球環境に配慮した生産活動を推進しています。

具体的には、生産設備の省エネ化、製品製造時のロスを削減するための改善活動、より効率的な生産計画の立案などの取組みを行っています。

声VOICE

製品の安全性や生産時の環境に対する配慮は、今後最も力を入れていく分野です。

安全面では、吸いくちの角を落とし、丸みをつけ小さなお子さんでも安心して使用できるよう工夫をするなど、私たちならではの配慮を施しています。

また、材料面でも生分解素材を使用した環境にやさしいストロー製品の開発にも拍車をかけています。made in Japanの新たな挑戦にご期待ください。